どのようなしくみですか?

Autoclipping の最大のメリットは、お手元の写真をオンラインで編集するのに、追加ソフトウェアのダウンロードが不要なところです。料金従価制と限定無料オプションもあるため、登録の必要はありません!

背景と前景ブラシで、背景除去が簡単

エディタの左側ビューで、背景を赤色ブラシでマークし 、前景を緑色ブラシでマークします。

前景と背景をマークしたら、エディタの右側ビューに背景除去の結果が表示されます。左側では、黄色の輪郭で前景と、透明にした領域の間の境界がマークされます。

使用上のヒント: 右マウスボタンをクリックして、もっともよく使うルーツの間をすばやく切り替えます。

前景と背景ブラシの筆跡を消しゴムツールで除去する

背景または前景ブラシの筆跡を付けたとき ( )、希望するような結果を正確に描けない場合がときどきあります。 消しゴムツールで不要な筆跡を除去し 、やり直すこともできます。

[解除]ボタンを使用して、筆跡の削除またはその他操作を解除する

[解除]ボタンを使用して、筆跡の削除またはその他操作を解除することができます。 気が変わった場合はいつでも、 [やり直す]ボタンを使用して、前の状態を復元することができます。

パンとズームツールを使用して、画像のさまざまな部分の詳細に焦点を絞る

画像のさまざまな部分で [焦点を絞る]を使用する。 [ズームイン]、 [ズームアウト]ボタンを使用して、画像をズームインおよびズームアウトすることができます。 ズームして適合]ボタンを使用して、画像全体を全画面に再配置することができます。

使用上のヒント: マウスのスクロールホイールを使用して、画像をすばやくズームインおよびズームアウトすることができます。 ブラシサイズは、ズームレベルによって変わり、詳細の編集がしやすくなります。 この機能と右マウスボタンとを組み合わせ、ツール間で切替を行い、切抜経路を簡単に整えることができます。

ブラシサイズを調節する

ブラシサイズドロップダウンを使用して 、前景と背景をマークする筆幅を調節します。

背景色を設定する

メニューを使用して 、画像背景を設定します。 HTML カラーコードを含むテキストフィールドをクリックして個別色を選択し、カラーピッカーを使用します。 特定の色に設定する場合は、テキストフィールドに正確な HTML カラーコードを入力します。 背景を透明にする場合は、 暗いグリッド]または[明るいグリッド]オプションをクリックします。 ダウンロードするときに PNG 画像形式を選択した場合のみ、透明を設定することができます。 JPG 形式は透明情報のエンコードをしないため、背景色が設定されていない場合は、白色背景にデフォルト設定されます。

配色を調節する

ダイアログを使用して、 結果の輝度とコントラストを調節します。 個別のカラーチャネルを調節することもできます。 例えば、緑色と青色チャネルとをなくし、画像により温かみを出したり、または赤色チャネルを減らしてより冷たい感じを出したりできます。 ボタンを使用して元の配色を復元します。

画像を回転させる

ダイアログを使用して 、画像の回転を調節します。 -90°または 90°のどちらかに回転させると、水平にすることができます。 -180°で回転して、垂直にします

画像を集める

ツールを使用して 、画像の個別部分を切り取ります。 画像の背景を除去しないで、収集ツールを使用することもできます。画面上の収集ツールには、選択した領域の幅と高さ、サイズがメガピクセル (MP) で表示されます

影を追加する

ツールを使用して 、結果に影を追加します。 影を有効にするには、影の不透明部分を 0% より大きい値い設定します。 不透明部分が大きいほど、影が暗くなります。 影を無効にするには、不透明部分を 0% に設定します。 ぼかし影値を使用して、影がかかった部分の輪郭をぼかします。 画面上の影調節ツールを使用して、影のオフセットを操作することができます。

端を整える

ダイアログを使用して 、切抜経路の端を整えます。

スムージングパラメータは、ギザギザの端を取り除きます。値を大きくするほど、生成される輪郭は丸みを帯びます。

フェザリングパラメータは、オブジェクトの切取をどのくらい鋭利にするかを指定します。 この値を小さくするほど、端は鋭利になります。 また、大きくするほど、端の鋭利さは和らぎます。

オフセットパラメータは切抜経路を縮小します。 高い値のフェザリングパラメータを組み合わせると、背景が一部前景に滲んでハロー効果が発生しなくなり、オブジェクトの端をよりソフトで、ぼかしが少ない状態で切り取ることができます。